Bam-Boo(´・ω・) › 2011年07月12日

2011年07月12日

ペットボトル(`・ω・´)

梅雨明けがなされてから幾日か過ぎましたが

さっそくの雨に心もちょっと暗くなりがちな今日この頃

みなさまはこんな日はどんなふうに過ごされていますでしょうか

こんにちは正規です


さてタイトルの通り夏といえば炭酸!炭酸といえばホントはビール!

のワタクシですが

今回は炭酸というよりペットボトルのほうのお話です

(画像が缶なのはスルーしてくださいね)

以下コピーより抜粋~

血糖値が高くなるのに痩せていく!?

「まだまだ若いから糖尿病なんて関係ない」なんて思いがちだけど、最近は10~30 代の間に「ペットボトル症候群」なる現代病が増えているんだとか。
そこで、ペットボトル症候群を発表した聖マリアンナ医科大学の研究グループに在籍していた、星賢二先生(現・たまプラーザ内科クリニック)に話を伺いました。

「ペットボトル症候群はたくさん砂糖の入った清涼飲料水や
缶コーヒーなどを大量に継続的に飲み続けることで、太りやすくなり、
血糖値が高くなって、急性の糖尿病になるというものです。
症状としては、『体のダルさ』や『ノドの渇き』、
『トイレに行く回数が増える』などがあり、
最悪の場合は、昏睡状態に陥って病院に運ばれるケースがあります」

ちなみに、炭酸飲料水(350ml)の糖分を
スティックシュガー(3g)で換算すると、ノンカロリーで1.5本
、カロリーオフで約5本、通常のもので約12本分になる
(参考/生活習慣病予防のための食べ方ナビゲーション たべナビ君)。
ボクらは無意識のうちに糖分を意外とたくさんとっているのかも。

「ペットボトル症候群は、本人が無自覚のまま悪化しているケースが多いです。血糖値が高くなるとノドが渇きますが、その渇きをうるおすために清涼飲料水を飲む。するとさらに血糖値が高くなり、またノドが渇いて清涼飲料水を飲む。そして、さらに血糖値が上がる。そんなスパイラルに陥るのです。ちなみに、ペットボトル症候群は肥満の方に多いですが、高血糖の状態がさらに進んでいくと、体はどんどん痩せていきます」

読みにくいのでとばしてもらってもいいのですが

要はお茶にしとけば解決!ってことですね

清涼飲料水ばっかりのんでると危ないというニュースでした

では次回「穴があったらはいりたいの穴はなんの穴?」

でお会いしましょう  


Posted by bamboo at 18:26Comments(0)世間話